家づくりの始まりは基礎から

神戸市東灘区の高台にある閑静な住宅地でシンプルナチュラルな家を工務店で建てるその工事過程をご紹介していきたいと思います。

まず地盤調査を行った結果、残念ながら地盤が弱く、地盤改良が必要になりました。
地盤改良杭を施工してその上にベタ基礎を施工していきます。

掘り下げて、捨てコンクリートを施工した後、鉄筋を組み、配筋検査を行いました。
JIOによる配筋検査は問題もなく無事合格でした。
その後、土間と立ち上がりのコンクリートを施工して、養生を行ってから、基礎の型枠の取り外しを行いました。

天気の悪い日もありましたが、幸い作業を行った日にはほとんど雨も降らず、順調に基礎工事が進みました。
キレイに外周を整地して玄関部分の高さをかさ上げして基礎の作業は完了です。

あとは上棟に向けて、準備を着々と進めていきます。
外部の上下水道の配管とヘッダー配管と呼ばれる給水・給湯配管をを事前に行うことで、あとの工事がスムーズに進めることができます。
さらには外部の足場を組むことで上棟時に大工さんの作業がしやすいようになります。
事前の段取りで上棟当日の作業の進み具合が変わりますので、材料や協力業者さんとの連携が大事になります。

PR||工務店向け集客ノウハウ|ショッピングカート|オーディオ|お小遣いNET|生命保険の選び方|マッサージのリアル口コミ.com|家計見直しクラブ