兵庫県産木材を使って上棟

上棟に先立って、土台敷きの作業を行っています。
土台や柱、梁など主要な構造材の60%以上に兵庫県産木材を使用しています。
土台と柱にはヒノキ、梁にはスギと主要な構造材は県産材を使用することによりローンの金利優遇を受けることができます。
材木が運び込まれるとやはり木の良い匂いがして、やはり嬉しい気分になります(^^)

県産材や自然素材の外張断熱材など、かなり環境を意識した仕様になっていますので、完成するのがとても楽しみです。

材料の置き場の関係で、上棟までにできる作業は可能な限り事前に行っています。
現場によって手配の順番や作業の進め方など密な打合せが必要になります。
この辺りが現場管理の大変な面でもありますが、面白いことでもあります。

そして、いよいよ棟上げを行いました。
残念ながら、昨日の天気予報がはずれ午後は雨模様でしたが、大工さん達は濡れながらも棟を上げてくれました。
この大工さんもとても真面目で、昼ご飯も遅らせて一生懸命仕事をしてくれていました。

雨のおかげで上棟式がドタバタになってしまいましたが、無事に棟が上がり、何よりでした。

これからは屋根の下地を進めていきます。