屋根葺きと樹脂サッシ

屋根の下地が出来上がり、屋根の仕上げを葺いています。

屋根材にはファイバーグラスシングルを使用しています。
屋根材自体に30年の保証のある耐久性に優れたもので、デザイン的にも適度にムラがあって、良い感じに仕上がります。

建物の中では構造金物の工事を行いました。
金物の種類や取付け方法によって検査の時期が変わってくるため、このタイミングでJIOによる構造検査がありました。
検査の方は指摘が2点程ありましたが、無事合格でした(^^)

大工さんによって多少進め方が違うこともあるので、打合せを密に行っていないと工事に影響を与えかねません。

外部の作業を先行させる為にサッシの取付けもほぼ終わりました。
サッシには断熱性能の高い、樹脂サッシを使用しています。
外部の構造用合板も貼り終わり、家の外周を囲うことができました。

続けて中間検査を受けましたが、問題もなく無事合格でした。
JIOの検査とかぶる部分もあるため、ほとんどの場合、大きな指摘事項はありません。
しかし、この検査に合格しないと完了検査や検査済証をもらえないので、よくチェックをして検査を受ける必要があります。
これから外部に透湿防水シートを貼った後、JIOの外装下地検査を受けます。