シンプルナチュラルな外観

内外装のヨーロッパ漆喰の施工を行いました。
まずは外部の漆喰を塗っていき、内部のボードの継ぎ目などの処理を行い、その上から全面塗っていきました。
ヨーロッパ漆喰の施工は左官屋さんも慣れたもので、手際よく一気に塗り上げました。

これから工事も大詰めです。
輸入キッチン・洗面化粧台などの設備機器、リビングや収納などの造作ドアとどんどん仕上がってきます。

輸入キッチンを設置した後、キッチンの天板を施工しました。
キッチンの天板(カウンター)は人造大理石なのですが、現場で加工しました。
というのもシンクに輸入のホーロー製のものを入れるのですが、ものによって微妙にサイズが異なります。
ですので、工場でぎりぎりのサイズで加工して、現場でシンクを入れようと思っても入らないことがあります。
シンクが入らない為に、現場で加工してもらいに来てもらわないといけない事態もありえます。

そこで、人大の施工を現場でしてもらいました。
後ろの工程も詰まっている状況では、こうするのが一番です。

続けて、設備機器の取り付け工事もあります。
そしてとうとう外部の足場がとれて全景が現れます。
シンプルナチュラルな雰囲気の外観は想像通り、良い感じです。