自然素材による外断熱材

屋根の下地工事が進みました。
木組みは大きな梁などを全て兵庫県産の木材を使用しています。
さらにH様邸でも屋根や外壁に断熱材を貼る外張り断熱(外断熱)で工事を行っていきます。
この施工方法ですと、この木組みの上に断熱材を貼った後、さらに上に空気層と屋根下地用の合板を貼っていきます。
その為、やはり手間も倍以上かかり時間も掛かってしまいます。

大工さん達の頑張りもあり、屋根にルーフィング大工さんの作業が終わってすぐに屋根屋さんがゴムアスルーフィングを貼りました。
茶色く見える部分が屋根の断熱材が自然素材からできた外断熱材(外張り断熱)です。
その特徴の一つとして吸放湿効果が挙げられます。
先日、他の化学系の外断熱材を使って何度も外断熱を施工されている工務店の方にお話しを聞く機会がありましたが、『化学系のものと違って何かジメッとした感じがなくて空気がマイルドになった感じがする。』と言われてました。
これは実際に両方で施工した方でないと、比べることができないとは思いますが、それだけに真実味があるように思いました。

ただコスト面で高くつくこと(他の化学系の断熱材と同じくらい)と屋根の断熱性能としては若干低い点が欠点として挙げられます。
ですので、屋根には羊毛の断熱材を入れて補う必要があります。